TenvisのIPカメラを利用して複数拠点を監視①

By | 22/07/2014

Tenvis社のIPカメラを複数拠点に設置して監視を実施したい…
と、私はそう思いませんが要望があり、検証結果を記載します。

通常、企業でIPカメラを導入する場合、ACTi社・AXIS社、Panasonic社等のメジャーな製品を利用するかと思います。
とはいえ、中小や自営業で実現するとNVRを含めてイニシャルコストが高いのも事実。
そこで安いと噂のTenvis社の製品を選定した様で、購入後に検証依頼を受けました。
手遅れですし、そもそも専門外ですが…

この段階で提示された要件は2つ。
①Androidタブレットやスマホで閲覧したい
②本社のテレビ画面にHDMI出力で一括監視したい

まず出先から見たい場合は、タブレットやスマホにIP Cam Viewer Liteというアプリを入れれば無料で6個のカメラまでは閲覧出来ます。
iOS・AndroidどちらでもOKなのが素敵な感じです。
追加方法は以下の通り。

①"Manage Camera"→"Add Camera"と進み、"IP Camera, DVR, NVR"を選択
②各項目は以下を参考
  "Name"    → カメラ名を適当に
  "Type"   → カメラメーカーと製品名を選択
  "IP/Host" → 監視したいカメラのグローバルIPかDDNS名を入力
  "Port"    → カメラに設定したポート番号
    *外部から閲覧する場合はルータのNAPT設定を
  "User"    → カメラに設定したユーザー名
  "Pass"    → カメラに設定したパスワード

設定後に”Test”を押して映像を受信出来たら、”Save”を押して設定を保存します。

Category: NVR