01. SheevaPlugの起動

By | 02/09/2009

あらかじめ、シリアルコンソール接続用のUSBをPCに接続し、LANケーブルも接続しておきましょう。

通電後、Windows側で付属のCDROMを使用して、シリアルコンソール用のドライバを入れます。
TeraTerm(PoderosaやHyperTerminalでも可)でCOMポートを開き、DebianあるいはUbuntuのログインプロンプトが表示されることを確認して下さい。
sshdが起動しているようですので、SSH2でroot/nosoup4uでアクセスが可能です。